FC2ブログ

昨日最後の男性客

隣町まで、料金がどの位かかるかを尋ねたうえで乗車してきた。

道中、私にいろいろ話しかけてきた。

その話の内容のほとんどが、正直失礼に思うことばかり。

こんな田舎町でタクシー乗る人なんているんですか?

何でタクシーの運転手やってるんですか?タクシーって儲かる仕事なんですか?

「何じゃコイツ、無礼なヤツや!!降ろせるモンなら今すぐにでもサッサと降ろしてやりたいヤッチャのう!!」

適当に返答してやってるうちに、次にこんな質問をしてきた。

今の30代に何か言いたい事ありますか?

見るからにコイツもその年代。

「よし、お前みたいな失礼極まりないヤツに、人生経験20年以上先輩のオレから一喝したる!!よう聞いとけよ!!」っと次ぎの様に言ってやった。

30代ということは、もう社会に出て10年以上は経っているということでしょ?

ということは、もう新人ではないんやから、ちょっとはしっかりした言動、行動を起こさなアカン年代や。

30代全員がそうではないけど、オレが過去に出会った数人の中には、未だにガキみたいな発言してるアホなヤツがおった。

10年選手になったんやったら、先輩からも「おっ!!アイツ、言動も行動も頼もしなったやないか!!」って言われるくらいの存在になってないと恥ずかしいぞ!!

あと、育ってきた環境も大事や。今の世の中、俗に言うモンスターペアレントの多い事多い事。こんな親の元で育てられた子供が、間違いなくアホな遺伝子を受け継ぐんや。

オレらの時代は、学校の先生に怒られたり、しばかれたりしても、親は「そら、お前がアホやから悪いんや!!」と言ってそれで終わりや。

ところが今はどうや?「ウチの子に手を出すなんて、暴力や!!警察呼んだろか!!」やろ。それで警察までも動きよるし、世間までも全くもっておかしい!!


こんな感じで熱く語ってやった。

客の男は反論する事もなく聞いていた。

そうしているうちに、目的地に到着。料金は8000円。

客の男が一言「8000円か、高いのう!」

「お前、乗る前にこのくらいの金額になりますよって伝えてやったうえで乗ってきたんやろが!!人の話しっかり聞いてへんのか!!余計な一言が多すぎんねん!!最後の最後まで失礼なヤッチャ!!」

良識のある30代の皆さん、コイツは見習わないように。(笑)

クリックをよろしくお願いします。


ドライバーランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

気がついたら、時代は平成から令和になっていた。

気がついたら、ゴールデンウィークに突入し、今日で長い10連休がやっと終わった。

気がついたら、私も一つ歳をとり、52歳になっていた。

気がついたら、私の贔屓チームである阪神タイガースに、貯金が出来ていた。

皆さんも、気がついたら、身辺に何か変化等ありましたでしょうか?



あ、そうそう、

気がついたら、私も明々後日(5月9日)でこの仕事、丸3年が経ち、4年目突入です。

いやぁー、何やかんやで4年目です。

早いモンです。

最初はこの仕事、全くの初めての土地で、地理も全くわからないのに、出来るんやろか?

って思いましたが、失敗と努力(?)のおかげで今では楽しませてもらっています。

慣れてきた証拠ですね。

やっぱ、仕事であろうが、遊びであろうが、やるからには楽しくないとオモロない!!

大いに楽しめる4年目となるよう、頑張っていくぞ!!

クリックをよろしくお願いします。


ドライバーランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

今日、私の専用車が車検から戻って来ました。
これまで数人のドライバーが乗って来たものを、昨年9月から私が受け継いで乗っています。
すでに総走行距離は56万キロを越えている「バケモノ」です。

56万キロですよ。普通なら廃車です。マイカーでもそんな車、無いのではありませんか?

当然これだけ走っておれば、何らかの異変を感じる事もしばしばあります。

気付いた部分ですが、エンジンオイルの減りが異様に早いです。
1ヶ月で約半分も減っているのが確認できました。その度に継ぎ足しては再利用、まるで応急処置でもやっているかの様です。

あと、エンジンがノックする事もあります。
特に上り坂ではよくある事で、その内に止まってしまうんでは?って思ってしまう位の酷さですね。一応、オートマなんですけど・・・

実際、過去に2回程バックファイヤーを起こして修理に出した事があるんです。
今は何とか持ちこたえていますが、またその内に再発しそうで不安になっています。

私の会社の車は、こんな症状に悩まされているものが非常に多いです。
あえて社名は公表しませんが、車両の多くが中古車で購入したものをオーバーホールして再利用していると聞きました。
売上げが常に順調であれば、新車もどんどん導入されるんでしょうが、やっぱり新車は値が高いですからね。そう簡単にはいきません。

ですから、お古の車を大切に乗り続けなければならないんですが、メンテナンス位はちゃんとやってもらわないと、コッチはたまったモンじゃありません。仕事になりませんよ。

今日戻って来た愛車ですが、この先一体、何十万キロまで走る事になるんでしょうか?
変なエンジントラブルが起こらない事を祈るばかりです。

タクシーの走行距離寿命って一体どの位なんでしょうかね?
先にネットで検索しましたが、意見も様々でどれが正解なのかわかりません。

ここを見てくれている皆さんの会社はどんな感じですか?
タクシー会社って、どこもがこんな感じなんでしょうか?
そう思う今日この頃の私です。

クリックをよろしくお願いします。


ドライバーランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

私の会社における、最も一番ウェートを占める営業方法がこれです。
これなくしては正直、売り上げが上がりません。

田舎では都会でいうところの「流し営業」を行ないません。

このブログでも最初の方に、田舎のタクシーの営業方法を書かせてもらいましたが、駅のタクシー乗り場で待機しつつ、あわせて無線配車が来るのをひたすら待ち続けるというのが田舎特有のやり方なんです。

今回はこのシステムについて、私なりの考えを述べたいと思います。

流し営業と違って、自ら動いて客を探す訳ではないので、その辺は有難いものです。
変な話、車の中でジーッとしているだけ良いんです。
会社に予約が入ってきたら、待機している車に勝手に配車をくれるんですから。

配車を受けたらお迎えに行き、そこでお客様に行き先を尋ね、目的地までお送りして任務完了です。特に難しい内容のものではありません。

ただこのシステム、会社の配車担当者が全ての窓口であり、ドライバー側としてはその窓口の人間次第で、正直大きく左右されます。

配車担当者側も、一度に何本もの電話を受けて処理を行なっています。
そんな忙しい状況でも、素早く正確にドライバー側に伝えないといけません。

ここでアタフタしてしまったらもう大変、処理が間に合わなくなり、ちょっとしたパニック状態に陥ってしまいます。だからこそ、配車担当者の仕事はいかに頭の回転が速いか等、メンタル面がしっかりしていないと続きません。

これで私も何回か、とんでもない配車をもらった事もありました。
全然予約先からは程遠い所にいるのに、「他に近い車がおるやろ!!何でオレやねん!!」っていう様なケースとかね。

何事も人間がやる事というものには、失敗がつきものです。
失敗は仕方ない事であると、私も大らかな気持ちで接する様にしているんですが、実は最近、どうもこれは失敗ではなく「故意」に配車しているのではないか?というケースが発生し、一部のドライバーと配車担当者が対立するという出来事がありました。

誠に恥ずかしい話しなのですが、要するに、あるドライバーと、ある配車担当者が仲良くなって、自分に都合の良い配車を貰える様に裏工作をしているのでは?という事態があったんです。

結局会社からは、うやむやな返答だけをされて相手にされなかったとの事でしたが、心中穏やかではありません。正直、私自身も上記の様な扱いをされたと感じた事もありましたので。

繰り返しますが、何事も人間がやる事というものには、失敗がつきものです。
仮に失敗なら、今後、失敗しない様に気をつけてくれれば良いだけです。
しかし失敗ではなく、故意であったなら、それは決して許してはなりません。

人間は頭の良い動物です。顔は笑っていたとしても、嘘もつけるし心も隠せるんです。

私はそんな人が、無線配車担当をやっていない事を信じたい・・・

クリックをよろしくお願いします。


ドライバーランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村



上の写真がその「当たらない」お守りです。

何のこっちゃ?って皆さん思ったでしょう。
私も「何じゃこれ?」って思いました。

これは先日ご乗車頂いたお客様(女性)よりもらった、折り紙で作ったお守りです。

材料に宝くじを使用して「カブト」?みたいに折ってあります。

お客様曰く、
「私、いつも車を運転する人が無事故で過せる事を祈っています。そんな皆さんが、少しでも和んでもらえる様なお手伝いがしたくて、折り紙でお守りを作ってみたんです。どうぞ受け取って下さい。」

念の為にお伝えしておきますが、このお守りに使われている宝くじは「ハズレ券」です。

何や、当たり券と違うんか!!って一瞬思ってしまうところですが、いえいえ、これはハズレであるからこそ「お守り」としての価値があるんです。

どういう事かと言うと、ハズレと言う事は当たらないと言う事。

「当たらない」、すなわち運転する人が車をぶつけたりしない、つまり事故をしない様にという願いがここに込めてあるのです。

この仕事は常に事故と隣り合わせです。
私も過去に何度か事故の経験があります。あんな経験、もう二度としたくありません。
そんな私達の気持ちを察した、今回のお客様の気遣いに大変感動しました。
質素なお守りかも知れませんが、私にはとても有難くて大事なものに思えています。

よし!!これからも毎日安全運転第一でやってくぞ!!

クリックをよろしくお願いします。


ドライバーランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村