私はもう1年以上前、お客様の手荷物を降ろす際にアクシデント(?)を経験したことがあります。
車を止めて外へ降り、後部座席に置かれた荷物を取ってあげようと外から開けたドアにお客様がぶつかり、脇腹の辺りを「痛い!痛い!」と押えだしたのです。

ちょっとした衝撃ではあったものの高齢者だったこともあり、余りにも痛いとの事だったのですぐさま謝罪し、会社へ連絡の上、病院へ連れて行きました。
診断の結果は骨等には異常なく、軽い打撲との事で数日間湿布を貼って過せば終わりと言われ、大事に至らなくて良かったと少し安心しました。

当日、後ほど会社から営業所長も駆けつけ、改めて二人で謝罪に伺いました。
誠心誠意しっかり謝罪しましたので、最後はお互い気持ちよい会話で終える事ができ、この一件は終わったと思っていました。

ところがです、一昨日、このお客様が再び乗って来たのです。

走行後しばらくしてから、「あなた、私に何か言う事はないの!?」と言ってきました。

要するにコイツはしつこいクレーマーの部類客だったんですよ!!

私の中ではこの一件、ちょっと気まずい雰囲気は残ってしまったものの、しっかり謝罪も終えているし、もう終わった事です。やっぱりこんな輩のやる事、言う事は何もかも卑怯極まりないですね。物凄く悔しい気持ちになりました。

「謝罪から治療まで全て終わっている、何ももう謝る必要はない。」私はそう判断しました。

「元気になられた様で良かったです」←当然ウソですよ。このひと言だけ返しておきました。それから最後まで無言で終了。

会社に帰ってからこの事を報告。
すると当直の人も「あぁ、アイツか。いつまで過去の話し持ち出してくるんや?もう80か90位のエエ年やろ?早よ、死にやがったらエエねん!!」と擁護してくれたのが何より救いになりました。(笑)

ただこの当時の一件は、会社内では事故として処理されたのが何とも腹が立つ!!
警察側も、「運転中ではなく、あなたが車から降りて発生した事態ですから、これは交通事故ではありません。会社側と客側との話で処理して下さい。」と言われたんですからね。

言われてみればそのとおりですよね。
確かに後方をよく確認しないでドアを開けてしまったのはコッチの不注意でしたけど、客がこんな部類の客であったと知った今、会社も違った処理方法は無かったのかと思ってしまいます。事故として処理する方が保険の手続き等、都合が良いのでという理由でこんな処理をされたんですが、これで社内における事故暦1回にカウントされるのは、やっぱり納得いかん!!

クレーマーとか性質の悪い客の対応は、この仕事以外も面倒なものです。
コッチが誠心誠意の対応をしたにもかかわらず、それでも過去の話しをブリ返してくる様な輩に効く良い薬はどこかにないものでしょうかねぇ?

クリックをよろしくお願いします。


ドライバーランキング


にほんブログ村
スポンサーサイト

http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/606185

福井県の某タクシー会社が思い切った行動をとりました。

個人的に大いに賛同出来るものですので、私の会社でも導入してもらいたいと切望します。

いや、むしろ法律である運送法に新たに追加して、全国統一してもらいたいものです。
どこへ行ってもいますよね。「クソ客」っていうヤツは。

客という立場を利用して偉そうに言いやがるあの姿、コッチは殴れるモンならブン殴ってやりたいという気持ちを抑え、いつも我慢、我慢で耐えてますが、私だって人間です。どこかで発散しないと自分自身が正常な状態に戻れません。

その助け舟ともなれるかという今回の試みですが、ホンマにこれが全国統一の発端となる様に期待しています。

私達タクドラが安心して働けるために、改善を求めるもの等あれば、どんな小さなものでもいい、どんどん発言して良くしましょうよ。

今の世の中、インターネット等を通じて情報が氾濫しまくっている状態です。
これを大いに利用して我々の声を広めましょう。

クソ客を懲らしめ、そんなヤツらがこの世から無くなることを願って。

クリックをよろしくお願いします。


ドライバーランキング


にほんブログ村

みなさんお疲れ様です!!

今日はいつもと趣向を変えまして、乗務中に経験したちょっと笑えるお客様からの的外れな質問を集めてみました。まぁ、ヒマつぶしにでもご覧下さい。


質問その1:「タクシーって、バスや電車と同様、小人料金がありますよね?」

答:「そんなモンあったら、みんな年齢詐称して横行が流行るやんけ!!」


質問その2:「タクシーって、他人同士で連れ添って乗った時、一人づつメーターの表示金額をもらうんですか?」

答:「そうであれば、オッチャン大変嬉しいです!!ボロ儲けやがな!!」


質問その3:「最近スーパーで商品の値上げが目立つんですけど、タクシーも値上げするんですか?」

答:「タクシーが決められた以外の変動価格制の乗り物やったら、オッチャンの好きな様に値段決めさせてもらうでー!!」


質問その4:「○○町のボーリング場までお願いします。ところで今日、休みと違うでしょうね?」

答:「あんなー、オレはただのタクドラやねん。その場所は知ってても、店の営業時間とか定休日までは知らんわ!!アンタの質問はまるで魚屋に行って「牛肉ちょうだい!!」っていうてる様なモンやぞ!!」


質問その5:「この町は田舎やから都会と営業方法が違うね。流し営業は禁止やしな」

答:「いいえ、決して禁止ではありません。流しても都会の様に人が捕まらない事の方が多いから付け待ち営業が主流なんです。オッサン、何者や?知ったかぶりはやめんかい!!」




まぁ、大体思い出したのはこんなモンですけど、皆さんの周りにもいませんか?こんな的外れなお客様。

こんな面白い人がいたよー、っていう読者の方、良かったら是非教えて下さい。(笑)

クリックをよろしくお願いします。


ドライバーランキング


にほんブログ村

今日、大阪北部を震源とする震度6弱の地震がありました。
わが町もこの影響を受け、電車は止まり交通は大混乱の1日になりました。

こんな状況になると、我々タクシーが活躍する事になります。
普段利用する事もない人が乗ってきたり、おまけに長距離だったりビックリしたりします。

売り上げは上がる事が多いですが、出来れば安全な場所で稼ぎたいのが本音です。
特に今回は地震という天災からの交通の乱れであり、陥没した道路があったり高速道路も通行止めの箇所があったり、走行には極めて危険な状態であったためです。

道路運送法第13条では「天災その他やむを得ない事由による運送上の支障があるとき」は乗車を拒否して良いとされています。

売り上げが欲しいがために無茶をして、イザこんな危険な状況にぶち当たってしまったらどうでしょう?
きっとアタフタしてしまって後悔ばっかりしてしまうかも知れませんね。

それに私達は人命を預かるという何よりも重大な任務を背負っています。

「まさか!!」があってはならないのです。

そこを強調させてもらいます。

今後乗務していく上でも、事故によるものや天災によるものの交通の乱れをきっと経験すると思います。どんな時でもしっかり情報を収集し、落ち着いて対応出来る様やっていこうと思った一日でした。

クリックをよろしくお願いします。


ドライバーランキング


にほんブログ村

先月、今月と正直厳しい毎日が続いています。
売り上げが思う様に揚りません。ウーン、困った・・・

何とかこの現状を打破して、毎日明るく過したいものですが、どうもこれだけはこの仕事における「宿命」とでも表現させてもらうのが良いのかも知れません。

タクシードライバーの仕事をしてわかった事は、「運」に大きく左右される仕事であるという事です。
あえて何も私が言わなくても、他のドライバーの皆さんもすでにお解かりの事だとは思いますが・・・

「強運」の持ち主になりたい!!モンです。
皆さんもそうですよね!!

でもこれだけは、可能性に掛けるしかないのがこの仕事の特徴。
ひたすら我慢、我慢しかありません!!

待っとけば、いつかその内に幸運がやって来ると信じて頑張りますよ!!

最後に売り上げも大事ですが、何よりも「無事故」が一番の喜びです。

クリックをよろしくお願いします。


ドライバーランキング


にほんブログ村