この2ヶ月の間に2名の新入社員がやって来ました。
一人は私と1学年違いの2歳下、もう一人は26歳という超フレッシュな若者です。

実は私、未だに後者については挨拶はおろか名前の紹介すらしてもらっていません!
社内に名前等を書いた顔写真のコピーが貼りだされるだけで、それで終わりです。
我が社では、出勤スタイルが各自自由に近いのでタイミングが合わないと紹介すらないという現象が起こるのです。

一般企業の大抵の会社であれば、新しい社員が入社すれば朝礼の時などに全社員集合してその前で自己紹介するのがほとんどだと思います。それがウチの会社(タクシー会社)にはありません。その為か何年経っても顔は見たことがあるが、名前も知らんし挨拶すらした事がないという人に出くわす事があります。

こんな光景、サラリーマンの経験がある人には違和感ありまくりですね。
私も今、親しくしてもらっている先輩の多くも同じ様な回答をしてくれますもん。
「この会社、ホンマ変わってるわ!!」ってね。
これがウチの会社(タクシー会社)の最大の特徴なのかも知れませんが・・・

まぁいつかその内に、その若者ともゆっくり会話する機会があるでしょう。
今はその子の話は置いといて、前者の新入社員について話していきます。

この後輩とはちゃんと紹介もあり挨拶も出来ましたし、お互い年も近い事もあって良く会話しますよ。たった2歳年下ではありますが、顔を見るなり向こうの方からいつも挨拶に来てくれます。

新人らしく、今が一番いい緊張感を持って頑張っているのが良くわかります。
先輩への質問や自らの道の勉強等、一生懸命さがこちらにも伝わってきます。
とても素晴らしいと思います。私も初心を思い出さねば・・・。
このフレッシュな一生懸命さを何よりも大事にして成長する事が一番大切ではないかと思います。

あぁー、私も思い起こせばこんな感じでスタートしたんですね。
たった2年の先輩ではありますが、彼に負けない様にオッサンパワー出して気合入れ直します!!

クリックをよろしくお願いします。


ドライバーランキング


にほんブログ村
スポンサーサイト

タクシードライバーとなって今日で2年経ちました。
たかが2年、されど2年かも知れませんが、毎日が新鮮な経験ばかりであったと思います。

生まれ故郷でもなく育った故郷でもないこの場所で、気がつけばもう2年です。
最初はほとんど道も解らずお客様に頼りっ放しでしたが、今では何となく方角位は解る様になって来たかな(?)って感じです。でもまだまだ勉強は必要、継続していきます。

色んな失敗もしました。(今でもたまにやってしまう事があるので、進行形ですが・・・)
お客様に怒られた事もありました。一番やってはいけない事故も経験しました。
そんな落ち込んでしまっている時、先輩ドライバーが助言をくれて随分助かりました。
そのお蔭で今日を迎える事が出来ました。この場になりますが、有難うございます。

さて、いよいよ3年目突入です。
この2年で得たものを大いに活かせる3年目にしたいと思います。

1番の目標はやっぱり「無事故」です。
事故はこの仕事をする上で常に隣り合わせですから、これだけは絶対クリアしたい。

あと色々ありますが、安心、安全な運転でお客様に喜んでもらえるドライバーになる事。
無事お送りして「有難う!!」この一言を頂ける時こそがこの仕事の冥利に尽きる瞬間。

よし!!頑張って行こう!!
それでは3年目スタートします!!

クリックをよろしくお願いします。


ドライバーランキング


にほんブログ村

タクシードライバーである私は仕事柄、人に乗せてもらう反対の立場になるとどうしてもその人の運転が気になってしまいます。
安全確認、ハンドルさばきやブレーキを掛けるタイミング等、普段私達が問われる部分を観察してしまいます。今回はそんな話です。

昨日の夜、地元の路線バスに乗車しました。
発車してからしばらくの間、乗り降りする客もおらず、バス停を通過する状態が続きそして次の停留所が近づいて来ました。

運転手は特にスピードを緩める事も無く通過しようとするのが感じられました。
と、その時です。
停留所に人の姿があるではありませんか!!(驚)

「あっ!!人がいた!!」と運転席から声が聞こえました。
慌てて運転手はブレーキを掛け、停留所を少しオーバーランして何とか止まりました。もちろんこれは「急」に近いブレーキの掛け方です。

私「おいおい!!これが二種免許持ちのすることか!!恥ずかしいぞ!!」
そう思ったと同時に、今後の自分自身にもこんな事の無い様にと言い聞かせました。

きっとこのバス運転手も心にちょっとした油断があったんでしょうね。
しばらく乗り降りする客もいなかったので、そんな感覚でいわゆる「だろう運転」をしていたものと思われます。それがこの結果だったのでしょう。

人間誰でも失敗をする事はあります。失敗する事から今後に活かせるものを得る事も大いにあります。だから失敗は大事な経験であり、たくさん経験すべきもののはずなのです。
しかし私達の失敗は、時には取り返しのつかない失敗、決して許されない失敗になってしまう事があるのです。この辺を特に強調させてもらいます。

今回の一件は、他の乗客にも怪我等無く終わりましたが、今一度、人の命を預かる者としての使命をしっかり思い出して欲しいと思いました。

クリックをよろしくお願いします。


ドライバーランキング


にほんブログ村

お客様の中には交通事故に遭ってしまい、通院のためにタクシーを利用されている方が何人かいらっしゃいます。
その人達の多くは被害者側であり、タクシー代等は保険会社側の負担で処理するケースがほとんどです。

事故に遭って間もないという事から、車に乗る事を非常に恐れている人をよく見かけます。
そんな事故に遭ってしまったお客様の会話で一番多いものが、「安全な道を走って下さい」と言うものです。

私の住むこの町は、街灯の無い田舎特有の農道の様な細くて狭い道が数多く存在します。
そんな道を対向車が走って来る事は日常茶飯事であり、特に擦れ違い様は状況をしっかり判断しないと接触、脱輪等の危険性が大いにあります。

「また事故にでも遭ってしまったら・・・」
それを一番、この様なお客様は恐れているのです。

私達ドライバーが、普段この様な道を選んで走るのには訳があります。
もう皆さんもお解かりかと思いますが、その道が近道(最短ルート)になるからです。
私の町では遠回りを避ける為に走ろうとする道は、不思議な位にこんな狭くて危ない道になってしまう事がほとんどなのです。

その様な事故に遭ったお客様は、「料金は保険会社持ちですし、遠回りとかは気にしないで大丈夫なのでどうぞ広くて見通しの良い道で走って下さい。」と話される方が多いです。
ある意味で有難い事ですね。私達も正直、そんなバッドコンディションな道は避けたいのが本音ですから。ただし、安全かつ無事にお送りする義務を忘れてはなりません。

それとこれはお客様側の話になります。
先日乗って頂いたお客様(40代位の女性)は、事故以来通院の為仕事を休職し、現在リハビリ中です。
「出来ればもう車は運転したくないのですが、どうしても仕事で必要な為、復帰したら乗らざるを得ないんです」と話していました。それとしばらく運転期間にブランクがあり、今度は自分が加害者になってしまったら大変なので、どうしたら感覚を取り戻せるか?と心配されていました。

このお客様の場合、業務上車の使用が止むを得ないケースなので、心配ならば自動車学校が行なうペーパードライバー講習等受講されてから復帰してはいかかでしょう?と私なりのアドバイスをさせてもらいました。
車を運転する人全員は、このお客様の様に運転というものを甘く見ず、自分の運転を過信する事無く、慎重な気持ちを持って乗って欲しいと思います。

私はタクシードライバーという車を使う仕事を職業として選びました。
使い方を間違えると凶器にも変身してしまう恐ろしいものを使って仕事をしています。
その操作を許された者にのみ交付される許可証(運転免許証)の重みを今一度、良く考えてこの仕事をこれからもなお一層気を引き締めて続けて参ります。

クリックをよろしくお願いします。


ドライバーランキング


にほんブログ村

DSC_0231.jpg


昨日届きました。2015年と2016年に行なわれたコンサートツアーのDVDです。
もうこの人のファンとなってかれこれ20数年が過ぎました。

私が大学生の時、あるサークルの部室へ遊びに行きました。
部室においてあるラジカセから、非常に若々しくて気持ちの良い歌声が流れています。
一緒にいた友達は、ラジカセの歌声に合わせて楽しそうに歌い出しました。

私「!!!何やこれは!!!メッチャエエ曲やないか!!!」

友達「浜田省吾、路地裏の少年っていう曲や。カッコエエ~」

物凄い感動を覚え、一瞬にして虜になってしまいました。

この曲は1986年発売のアルバム「J.BOY」に収録されているリリース版であり、最初は1976年に発売されました。個人的にはリリース版の方がカッコイイ仕上がりになっていると思います。

私も当時のカセットテープ版を購入し、テープが擦り切れる位聞きまくりました。
「いつかコンサートにも行きたいなぁ!!」そんな思いが募りました。

しかし、コンサートチケットは全て抽選制で何度応募するもハズレばかり。
「アカン、やっぱ俺には運がないねんなぁ~!!」

ところが7年前の事です。応募した抽選結果のメールが届きました。
それを開くと「当選」の文字!!
「!!えっ!!当選!!当選って当たりの事やろ?(動揺)えっ、ホンマ!?」

ここまで長い年月が掛かりましたが、ついにコンサートに参加できる事になったのです。

「長い事掛かったけど、諦めんで良かったなぁ!!ホンマ、良かった!!」

初めて行った会場は神戸でした。
実はこの日のコンサートは、この年に起こった東日本大震災のチャリティコンサートとして急遽追加されたもので、「この日の興業における収入を全額寄付しよう」と浜田省吾さんが企画した素晴らしい内容のものでした。

確かあの時「音楽を職業としている者として、何か出来る事は無いかと考えた結果がこの追加公演でした」と浜田さん本人がコメントしていたのを覚えています。

初めて生で見る浜田省吾、一曲目が始まった途端、何と物凄い涙が溢れ出てきました。

「うわぁ~!!何やこれ!!凄い!!凄すぎるぞ!!」
若かった昔の私を思い出させる、あの時の再びの感動が蘇りました。
「これが浜田省吾なんや!!ハマショー最高や!!」

あっという間に楽しい時間が過ぎ、エンディングの時がやって来ました。
「皆さん、またお会いしましょう」そう言って会場を後にした浜田省吾。

「きっとまた会おう!!」そう思った私。
それから数年、何と6回もコンサートに参加出来る幸運に恵まれました。

「この年になってからやけど、いよいよ俺にも運が向いてきたんかな?」
なんて勝手に考えてます。

昨日届いたDVD、今度の休みの日に見るつもりですが、実はこの収録の日に私も参加しています。私が写っているかどうかはわかりませんが・・・(笑)

また行きたい!!あの感動の場所へ!!

クリックをよろしくお願いします。


ドライバーランキング


にほんブログ村