DSC_0182.jpg

DSC_0181.jpg

昨日、またまた大阪は鶴橋でホルモンを食べて来ました。
平日の夕方と言うのに写真の様な大盛況ぶりです。いやぁ、さすが人気店や。

DSC_0183.jpg

ハラミ、テッチャン、レバー、ハチノスetc、しっかり食べて栄養補給完了しました。
元気注入ホヤホヤの勢いで、今年も残り無事故無違反、安全運転第一で終えたいと思います。

少し早いですが読者の皆様、良いお年をお迎え下さい。
来年もこの仕事、頑張っていきますよー!!

クリックをよろしくお願いします。


ドライバーランキング


にほんブログ村
スポンサーサイト

Scan10001.jpg
Scan10002.jpg

私がタクシードライバーとなって初めての経験です。

ご覧のとおり「A:特にストレス要因なし」

という最高に素晴らしい結果が出ました。(えっ!!ホンマかいな?・・・)
私自身も驚きです。

今まで数多くの転職を繰り返してきた私ですが、以前の職場でこのストレスチェックを受けたら、その結果は果たしてどうだったのか?が何となく気になります。
きっととてつもなく酷いものだったと思いますよ。何せ前職はこの上ない「超ブラック企業」でしたから・・・

タクシードライバーは、雇われの身分ではあるものの個人事業主に似た一面を持つ職業であり、その分、世間でいうサラリーマンとはちょっと違ったスタイルの職業です。

会社で常に監視されている訳でもなく、自分自身のペースで仕事を進める事が出来るという様な所がこの仕事の魅力でしょうね。「ちょっとしんどくなったからここで一服するか」とか、「腹減った、メシ食おう」とか休憩時間も全て自由、一般企業の様に何時から何時までが休憩時間とかいった決まりがありません。とにかく自由が多いんです。
私の場合はこれが見事にツボにはまり、現在はまるで天国にでもいるような感覚になっています。この仕事、とても楽しいですし大好きです。

しかしながら車を運転する仕事ですので、常に事故等の危険を伴います。そこだけは細心の注意を払って取り組まねばなりません。
また給料の部分も固定給ではなく歩合給の会社が多いですので、自由な部分に流されてしまう事無く自己管理をしっかりせねばなりません。

結論、何だかんだ私の場合、タクシードライバーになってから以前の様に「この仕事嫌いや!!」っていうのが無くなったのは確かです。

それがこの結果かも?

クリックをよろしくお願いします。


ドライバーランキング


にほんブログ村

前回は急性胃腸炎になってしまい、数日間苦しい思いをしました。
この仕事を始めて毎日、不特定多数のお客様に乗車して頂いておりますが、車内というあの狭い空間には様々な危険が潜んでいるものだと気付かされました。
あれから無事回復し、現在仕事の際はマスクを着用するようにしています。

気がつけばもう12月、今年も終わりに近づいてきましたが、この時期各地で流行っているのがインフルエンザです。インフルエンザも感染すると他人に移してしまう可能性がある病気です。
私の場合、前回の急性胃腸炎の例がありましたので今年は超敏感になっており、予防接種を受けに行こうと決意しました。

が、しかしです。
ワクチンが不足しているんです。よりによって今年は・・・

病院という病院に片っ端から問い合わせ、訪問をするものの、どこもかしこも「現在ワクチンがありません」の返事ばかりで予防接種を受けられません。

病院によっては予約制で受付している所もありますが、一瞬で受付終了というケースも多く、そこへ食い込むにも一苦労な状態です。
まるで「品薄」という事を大々的前面に宣伝し、消費者を慌てさせ、必要が無いかも知れないのに(?)「購入しなくては」という気にさせるテレビの特番みたいな感じですかね。
人々は見事にそれに「釣られている」と言って良いのかも知れません。

いや、インフルエンザや病気に関しては人間各自、いつもそうであって良いのかも知れません。自分自身だけの問題では済まされなくなるケースもありますからね。

特に私の場合、前述のとおり不特定多数のお客様と接する機会が増えました。
お客様側から感染する事もあれば、私が感染者となってお客様へ移してしまう事も考えられる仕事をしている訳です。
「予防」をする事の大事さを今回は言いたかったのです。

人間一人一人が自己防衛する意識を持てば、少しでも病気も減らせるのではないでしょうか?
お互いに健康な状態で気持ち良く楽しくご乗車頂く、理想の形ですね。
その為にも自分の体は自分で守っていきましょう。

クリックをよろしくお願いします。


ドライバーランキング


にほんブログ村