記事一覧

まさかこんな所から・・・

先日の夜、いつもよく予約のあるカラオケ喫茶店からお呼びがかかりました。
喫茶店とは言うものの実際は酒を提供する店で、正直言いましてお客のほとんどはベロベロに泥酔した人ばかりで品も悪く、出来れば行きたくない店です。

「さぁ、今日はどんな酔っ払いが乗ってくんのんかなぁ?・・・」
心して車で待機していると男性2人と女性1人の3人が店から出てきました。

案の定3人とも随分お酒が入っており、かなりハイテンションの状態です。
それぞれの家に送って欲しいとの事で、料金的には結構有難いお客様ではあります。
「何も無く無事に終わってくれよ」私は祈りながら車を発進しました。

すると後部座席で3人は酔っ払いながらも何やら難しそうな話をしています。
内容は政治の話題です。それぞれが違う政党の支持者の様でしたが、別に喧嘩する訳でもなく、3人同士で盛り上がっています。

そうしている内に先に男性2人をお送りし、最後女性1人の状態になりました。
その女性が今度は私に話しかけてきました。

「運転手さん、この町についてどう思いますか?何か要望とかありませんか?今度議会があるので市民の皆さんの色んな意見が聞きたいんです。」

女性はこの町の市議会議員だったのです。それで道中の会話が政治ネタだったんですね。

私はこの町へ移り住んで2年経ちましたが、交通の不便さを痛感しています。
一家に一台車が必需品とも言える様な田舎ですので、もっとバス等を増発したり、この辺を何とか良く出来ないでしょうかと話しました。

それとタクシードライバーになって毎日色んな道を走っていますが、特に恐いのが今日本全域でも目立っている高齢者ドライバーの運転です。先に言いましたが、この町では車が無いと本当に不便でしかありません。そんな高齢者の運転する車にいつも出くわしますが、本人は交通の流れを乱している事に全然気付いていません。実際、今まさに接触事故した場面も目にしましたよ。そんな高齢者が車の運転をやめない理由もこの町が不便すぎるからではないでしょうか?

と私は続けて話しました。

女性は「うんうん、そうですね。本当にこの町は不便すぎます。何とかしなくてはなりませんね。」と返答してくれました。

今回の話が本当に次回の議会で取り上げてもらえるかどうかはわかりませんが、一市民として直接発言出来たのは良かったと思います。

しかし、あのロクでもない店(?)からこんな人がお客様として乗ってくるとはちょっとオドロキでした。

クリックをよろしくお願いします。


ドライバーランキング


にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント