FC2ブログ

「無線配車」について考える

私の会社における、最も一番ウェートを占める営業方法がこれです。
これなくしては正直、売り上げが上がりません。

田舎では都会でいうところの「流し営業」を行ないません。

このブログでも最初の方に、田舎のタクシーの営業方法を書かせてもらいましたが、駅のタクシー乗り場で待機しつつ、あわせて無線配車が来るのをひたすら待ち続けるというのが田舎特有のやり方なんです。

今回はこのシステムについて、私なりの考えを述べたいと思います。

流し営業と違って、自ら動いて客を探す訳ではないので、その辺は有難いものです。
変な話、車の中でジーッとしているだけ良いんです。
会社に予約が入ってきたら、待機している車に勝手に配車をくれるんですから。

配車を受けたらお迎えに行き、そこでお客様に行き先を尋ね、目的地までお送りして任務完了です。特に難しい内容のものではありません。

ただこのシステム、会社の配車担当者が全ての窓口であり、ドライバー側としてはその窓口の人間次第で、正直大きく左右されます。

配車担当者側も、一度に何本もの電話を受けて処理を行なっています。
そんな忙しい状況でも、素早く正確にドライバー側に伝えないといけません。

ここでアタフタしてしまったらもう大変、処理が間に合わなくなり、ちょっとしたパニック状態に陥ってしまいます。だからこそ、配車担当者の仕事はいかに頭の回転が速いか等、メンタル面がしっかりしていないと続きません。

これで私も何回か、とんでもない配車をもらった事もありました。
全然予約先からは程遠い所にいるのに、「他に近い車がおるやろ!!何でオレやねん!!」っていう様なケースとかね。

何事も人間がやる事というものには、失敗がつきものです。
失敗は仕方ない事であると、私も大らかな気持ちで接する様にしているんですが、実は最近、どうもこれは失敗ではなく「故意」に配車しているのではないか?というケースが発生し、一部のドライバーと配車担当者が対立するという出来事がありました。

誠に恥ずかしい話しなのですが、要するに、あるドライバーと、ある配車担当者が仲良くなって、自分に都合の良い配車を貰える様に裏工作をしているのでは?という事態があったんです。

結局会社からは、うやむやな返答だけをされて相手にされなかったとの事でしたが、心中穏やかではありません。正直、私自身も上記の様な扱いをされたと感じた事もありましたので。

繰り返しますが、何事も人間がやる事というものには、失敗がつきものです。
仮に失敗なら、今後、失敗しない様に気をつけてくれれば良いだけです。
しかし失敗ではなく、故意であったなら、それは決して許してはなりません。

人間は頭の良い動物です。顔は笑っていたとしても、嘘もつけるし心も隠せるんです。

私はそんな人が、無線配車担当をやっていない事を信じたい・・・

クリックをよろしくお願いします。


ドライバーランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Re:配車

ゴマちゃん
>「故意」に配車?
これは、何処にでもあるかと思います。
故に、私は、配車業務は、外部委託がベストな解決策だと思います。

ゴマちゃんさんへ

都会出身の田舎者
コメント有難うございます。

絶対ありますよね!!
私も新人の頃、みんなが嫌がる酔っ払いの担当者みたいに、飲み屋ばかり当てられましたよ。

もう、エエ加減にせーや!!って一人怒鳴ってましたモン(苦笑)
当時は新人でしたから、会社にも控えめな態度で接していましたけど、私ももう3年経ち、
今ではちょっとは違う恐い(?)一面を見せる様にしております(笑)
いつまでもナメた態度で来られたら、キリがありませんからね。

外部委託、出来るものならそうしたいですけど、ウチの会社ではとてもとても、です(悲)
非公開コメント